初めての方必見!注文住宅で家を建てる際に失敗しないポイント

はじめて注文住宅の家を建てる方のための失敗しないワンポイントとは

住宅の多くは注文住宅と建売住宅

注文住宅は土地・工法・間取り・内装・外装・設備・仕様の全てに施主の意見や希望を反映できるものの、意見や希望が多ければ多い程、費用が高くなることは避けようがありません。
フルオーダーの注文住宅はもちろんのこと、セミオーダーの注文住宅であっても、建売住宅よりも多くの費用を求められることになりがちですが、逆にセミオーダーの注文住宅や建売住宅より、間取り、内装や外装に加え、設備及び仕様を省くこともできないわけではありません。
滅多にはないもののフルオーダーの注文住宅でありながら、セミオーダーの注文住宅や建売り住宅と大差ない費用で済むこともないわけではないのです。

ちなみに注文住宅の家を建てる場合の費用の目安としては、土地代を度外視すると、最低でも1000万円から4000万円以上は要します。
上限はなく最も安価な1000万円台であれば、建売り住宅以上にシンプルかつ、いくつかの設備や仕様が盛り込まれ、2000万円台だと、建売り住宅にいくつかの設備や仕様が追加可能な余地があります。
3000万円を用意できる場合、フルオーダーの注文住宅でできることの多くが実現可能で、4000万円以上あれば余程の豪邸を希望するのでなければ、フルオーダーの注文住宅でできることは大抵実現可能となるでしょう。

つまるところ注文住宅で家を建てる際の費用は、施主の希望を実際の家にどれだけ反映できるかを決定づけるものであり、費用に充てられる金額は多いにこしたことはありません。
家を建てた後も生活は続きますし、家を維持するには維持費用も必要となってくるため、予算は現実的に無理なく準備可能な範囲でご用意ください。