初めての方必見!注文住宅で家を建てる際に失敗しないポイント

はじめて注文住宅の家を建てる方のための失敗しないワンポイントとは

注文住宅を建てる場合の費用

住宅を建てる際の基本的な選択肢

日本において一戸建ての住宅を建てる場合、基本的な選択肢は土地の購入から設計に至るまで多くの意見を反映可能な注文住宅と土地付きの建物を購入する建売住宅であり、注文住宅は土地の購入段階から家の設計、建築を含め、極めて自由度が高く、建売住宅なら、土地の購入段階で制限を受ける上、家についても既存のものか既存のものをベースにしたものになるため、注文住宅の方が自由度は高くなります。

もっとも、建売住宅が完全に自由がきかないわけではなく、設計そのものは変更できなくても、複数の設計の中から好みのものを選んだり設備や仕様を選んだりすることはできますし、あらかじめ用意された範囲内であれば追加のオプションを選択することも可能です。

注文住宅と建売住宅の違い

注文住宅と建売住宅を単純比較するなら、自由度と費用が両者の最大の相違であり、土地選びから始まり、住宅の設計から建設、設備や仕様の決定に至るまで、全て自由にできる注文住宅の自由度は建売住宅の比ではないでしょう。
家ができるまでの一切に意見を反映させるために要する費用も、建売住宅を上回ると考えて間違いありません。

費用さえ捻出できるのであれば注文住宅が良いのかというと、必ずしも注文住宅が良いとは限らず、注文住宅の自由度の高さは住宅に関する一定程度の知識がない方にとって、何から始めて何を基準に何を決めれば良いのかわからない状況を招きかねません。土地と住宅の基本設計があらかじめ決まっており、設備や仕様、オプション追加の余地が残されている建売住宅の方が良い場合もあるでしょう。


この記事をシェアする