初めての方必見!注文住宅で家を建てる際に失敗しないポイント

はじめて注文住宅の家を建てる方のための失敗しないワンポイントとは

注文住宅の種類とメリット・デメリット

フルオーダーとセミオーダー

注文住宅の最大の特徴は、土地選びから始まって、工法や間取り、内装・外装、設備や仕様まで含め、その全てに施主の意見を反映できることに他なりません。
施主の希望を全て汲み取った家を建てることができますが、施主が望むものが住宅の建設の全てに存在するケースの方が珍しく、自由度の高すぎるフルオーダーの注文住宅だと却って不便に感じることもあり得るでしょう。

そこでフルオーダーの注文住宅に自由度でこそ劣るものの、ハウスメーカーによってパッケージ化されたテンプレートの提供を受けることによって、フルオーダーよりも自由度は下がるとはいえ、建売住宅よりは施主の意見を反映しやすいセミオーダーの注文住宅があります。
日本における注文住宅の多くは、セミオーダーの注文住宅とされています。

注文住宅を建てるメリット・デメリット

注文住宅における自由度の高さは、土地・工法・間取り・内装・外装・設備・仕様といった全てに施主の意見を反映させることができることを意味しています。
屋根裏部屋や地下室を作ることもできれば、洋画等で見られるようなガレージ一体型の家を作ることもできます。
運動専用のトレーニングルームや防音処理を施した音楽スタジオを作ることもでき、設計や建設を依頼する業者の選定も自由に行えるなど、注文住宅最大のメリットです。

ただし住宅を建てるための土地を自力で探して購入する場合、好条件の土地は見つけにくく、設計や建設に関わる全てを決めなければならないなど、見方によっては自由度の高さはデメリットでもあります。
敢えて自由度を落としたセミオーダーが人気を博すのも、フルオーダーの自由度の高さは万人受けしにくいためかもしれません。


この記事をシェアする