初めての方必見!注文住宅で家を建てる際に失敗しないポイント

はじめて注文住宅の家を建てる方のための失敗しないワンポイントとは

家を注文住宅で建てる際に失敗しないための要点

注文住宅における失敗例

自由度の高さが最大のメリットであると同時に、デメリットでもある注文住宅における失敗は、注文住宅の自由度の高さに起因したものが多いようです。
間取りにまで裁量が及ぶため、玄関から他の部屋への動線が考慮されていなかったり、エアコンの方がコスト・利便性共に優れているにも関わらず床下暖房を設置してしまったりといった失敗がある他、キッチン周りの間取りやキッチンの高低の設定に失敗してしまうこともあります。

これ以外にもリビングの採光を優先するあまり、窓を増やし過ぎてしまったり、吹き抜けを作ったりしてしまったがために、冷暖房の効きが悪くなってしまう失敗、収納を軽視していたがために収納スペース不足を招いた失敗もあります。
逆に収納を重視し過ぎてしまい生活スペースが圧迫されてしまったといった失敗や、駐車場の駐車スペース不足のような失敗もありました。

注文住宅を建てる時に失敗しないために

注文住宅における失敗は、注文住宅の自由度の高さに由来したものが多く、フルオーダーの注文住宅ならではの失敗が多い傾向が見られます。
いくつかの失敗はセミオーダーの注文住宅においても見られるため、フルオーダーもセミオーダーも問わず、注文住宅での失敗を避けるために失敗しないための要点を把握しておくことが必要でしょう。

注文住宅で失敗しないための基本的なポイントとして、家で生活する住民のライフスタイルと家の地理的環境を考慮することが重要です。
設備や仕様の必要性の確認、キッチンや洗面所の最適化、幼児や高齢者が家族にいるならバリアフリー化によるリスク回避、気温の高い地域なら採光を抑制し家の中が熱くなることを防ぎ、降雪のある地域であれば積雪を考慮し、置雪スペースを確保しておくなどの必要があるのです。


この記事をシェアする